ドライビング・クオリティーを向上・維持するための努力

弊社は、幼稚園の園児送迎、企業様の社員送迎、お客様の大切な商品の運搬などあらゆる業務を請負っておりますが、かたちは違えども安全運転の実施は不可欠なファクターとして共通概念を持つ必要があります。

そこで弊社では、各クライアント様を担当するドライバーを一同に会して『安全運転講習会』を開催しております。

<講習内容>
●道路状況で変化する死角と対処法
●集中力を維持した認識、判断、操作の連続を実現する方法
●老若男女別の行動様式を意識した対歩行者安全講習
●"かもしれない運転"の効果
●地域特性を意識したドライバー間の意見交換

とくに豊橋、浜松エリアにおいては、高齢者の歩行者やドライバーも増えております。
また、車社会特有の"慣れ"が作用しているせいか、ウィンカーを出すことなく車線変更してくるドライバーも少なくありません。

我々は、プロとしてハンドルを握る以上、こうした危険も想定して"もらい事故"に巻き込まれないよう心掛ける必要があります。
そのためにも、講習会を行って意識付けしていくことが重要であると考えております。

加えて同講習会のもうひとつの狙いは、安全運転の実施とプロとしてハンドルを握る責任感の強化にあります。
講習における安全運転指導はもちろん、各ドライバー同士が積極的にディスカッションすることで、より現場にフィットしたプロフェッショナルドライバーとしての認識強化が実現しております。

また、問題点の提案、及び改善案の意見交換も果たされており、非常に有効な場として機能しています。

今後も、無事故・無違反を目指して定期的に『安全運転講習会』実施してまいります。