豊愛日和 弊社営業スタッフの業務外活動記 2013年1月

新春到来 待ち遠しい春

年が明け、連日寒い日が続いています。
一年で一番寒いとされるのは、大寒の日(1月20日)頃と言われていますが、年明けからずーっと寒い日が続いて、全国的にも大雪が降り、愛知県でも雪が降って路面が凍結しました。

先日、寒さが少しだけ和らいだ日に、熱田神宮へ初詣に行ってきました。




年が明けて二週間ほど経ち、三が日のように参拝客であふれる事はありませんでしたが、この日は企業や政治家の後援会の方々の団体で大行列。




日本武尊(やまとたけるのみこと)で有名な、草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を神体とする熱田神宮。
剣が神体の為、戦国時代の名将、織田信長が桶狭間の戦いで戦勝祈願をしたとされ、プロスポーツチームも、毎年新シーズン前は必勝祈願に訪れます。


戦に大勝した信長が、お礼に奉納した「信長塀」も、一部が残っています。


購入した勝負事のお守りは、竜の刺繍にドラゴンズカラー!?
説明書きには"信長伝説"の文字も。

お守りが入っていた紙袋に「創祀1900年」と書かれていますが、草薙神剣をご神体としてお祀りされてから、2013年の本年で、なんと1900年を迎えるとの事。




熱田神宮は、伊勢につぐ尊い神宮と崇められていますが、広さは、解放されていない区画を入れると、全体で約19万平方メートル。


境内にハトがいる光景はよく見かけますが


軍鶏がくつろいでるのは珍しいですよね。

どこかのんびりした表情にも見えます。


大通りに面した出口付近に、季節外れな、ちょうど見頃の桜の木。

これは、年に2回花が咲く、シキザクラ。
10月と4月頃に咲くと言われていますが、この冬の寒さで時期が遅くなったのか、それとも早まったのか?
空気は冷たいのに、見ていると、暖かく感じてきます。

境内を離れると、この日街中では、中国の旧正月である春節をPRする、春節祭のイベントが行われていました。


実際の春節(2月中旬)には少し早いものの、中京地区在住の中国出身の方々が大勢集まっていました。
春節とは、旧正月の元旦の事で、中国語で、吉という字と同音の鶏や、余暇やお金が余るようにと願いを込め、余と同音の魚を食べる習慣があるそうですが、この男性陣のダンスは、吉・鶏をイメージ。


こちらのダンスは、余の字と同音の、魚を表現。

今年は3月頃まで、まだまだ寒い日が続いて雪も降るようですが、あたたかい、本当の春の到来が待ち遠しいです。

豊愛日和~弊社営業スタッフの業務外活動記~ 過去記事
2012年12月 師走の恒例行事
2012年11月 郷土英傑行列
2012年10月 日本のデンマーク
2012年09月 宿場町 二川
2012年08月 日本列島公園
2012年07月 夏バテ対策のクエン酸
2012年06月 可睡ゆりの園
2012年05月 浜松まつり
2012年04月 二年ぶりに見る夜桜
2012年03月 春キャベツ、新玉ねぎ、旬の自然の恵み
2012年02月 浜松・東三河フェニックスを応援する
2012年01月 北欧ラグマット「小さな国の大きな文化」
2011年12月 クリスマス節電イルミネーション
2011年11月 クリーンキャンペーン in 浜松
2011年10月 ええじゃないか豊橋