一部上場企業のクライアント様は元より、幼稚園の園児送迎を担当するドライバーの人選には細心の注意を払っております。
『子どもは小さな怪獣』という言葉通り、その行動は予測できません。
担当ドライバーは、運転のみならず、周囲の安全や子供たちの行動傾向をしっかり把握できる視野を持つ人物でなければいけないと弊社は考えております。
ここにも、弊社のクオリティー重視の姿勢は貫かれているのです。
加えて、多感なお子様たちに"やさしい運転手さん"というイメージを与えるような柔和さや親しみやすさを備えたドライバーを派遣するなど、運転以外の気遣いも疎かにはしておりません。
さらに、弊社スタッフ、園児の親御さん、幼稚園側のスタッフを集って安全確認の講習を定期的に行うなど、ドライバーのみならず、関係者全員が安全意識を高く持てるように心掛けております。
大切な園児の送迎は、経験と実績の弊社にお任せください。

少子化が叫ばれて久しい昨今、幼稚園に通う園児の居住エリアも広範囲になってきつつあります。
一部の幼稚園では、通学に2時間掛けて通わさなければいけな園児もいるというのが現状なのです。
このような過負担が掛かる場合、幼稚園関係者が送迎バスの運転まで賄うということも難しくなってしまいます。
送迎バスの運転代行をお考えになっている幼稚園様で、こうした難題に悩まれているようであれば、一度、ご相談ください。
可能な限り対応いたします。

豊富な人材を活用して、幼稚園様のニーズに則した運行パターンに対応いたします。
1日2便で4時間運行。
普通車による送迎というかたちが最小単位となりますが、その他、6時間以上の運行を要する場合や、マイクロバスの使用が条件となるなど、どのようなケースにも柔軟に対応いたします。
即日、お見積もりさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。